返還合意から20年 変わらない基地に声

未だ変わらない普天間基地の現状に抗議の声です。

参加者「8時9時に子どもを寝かすとヘリが飛んで手を挙げて赤ちゃんがビックリします。ヘリで夜泣きするのは日本全国どの親子が経験するのでしょうか」

1996年4月12日、日米両政府が普天間基地の返還合意を発表してからあすで20年。

しかし、街の真ん中に横たわり続ける基地に集会では、「普天間基地は返還されるどころかオスプレイが配備されるなど、ますます危険になっている」と基地の危険性を指摘する意見が相次ぎました。

そして、参加者は「取り戻そう普天間」と声をあげ、日米両政府に対し普天間基地の閉鎖や辺野古への移設計画の断念を求める決議を採択しました。