16-04-01-04

4月1日から新年度。県内でも多くの企業で入社式が行われ、新入社員たちが社会人としての一歩を踏み出しました。

このうち、リウボウグループの入社式には、新入社員54人が参加。新入社員を代表して、金城彩香さんが、「笑顔の挨拶を忘れず、最高のサービスを提供する努力を続けたい」と誓いの言葉を述べました。

54人のうち22人は、社内登用制度で契約社員などから採用されていて、即戦力の頼もしい顔ぶれです。

新入社員は「この年になって社員に登用していただけたというのは本当にとても嬉しいです」と話しました。

また、別の新入社員は入社1年目は楽しんでやるようにしていきたいなと思いました」

新入社員たちは、4月1日からさっそく、それぞれの配属先で業務に励みます。