台湾2・28事件 沖縄の遺族へ賠償命令

台湾の2・28事件で父親を失ったとして、浦添市の遺族が損害賠償を求めていた裁判で、台湾の裁判所は17日、台湾政府に日本円でおよそ2000万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

浦添市に住む青山恵昭さんは、1947年に台湾の国民党政権が多くの住民を殺害した「2・28事件」に日本人漁師だった父親が巻き込まれ亡くなったとして、台湾政府に対し、賠償金の支払いを求めていました。

台湾政府はこれまで、日本が台湾の元慰安婦などへの賠償を十分行っていないとして、賠償金の支払いに応じていませんでしたが、台湾の裁判所はきのう青山さんの訴えを認め、台湾政府に対し600万台湾ドル、日本円でおよそ2000万円を支払うよう命じました。

政府側は上訴するか検討中ですが、支払いが決まれば、この事件で外国人が補償を受ける初めてのケースになります。