15-12-21-03

地元に自生する野草を使って料理を作る子ども向けの体験講座が12月20日宮古島市で開かれました。

これは、地元の自然や歴史、文化を知ってもらおうと宮古島市総合博物館が実施している「子ども博物館講座」で市内の子ども達、14人が参加しました。

20日は、「野草ハンバーグを作ろう」をテーマに、野草に詳しい講師が子ども達に名前の由来などを説明しながら博物館の周囲に自生する野草を食べられるものかどうか確認しながら採取。

その後、ウスベニニガナなど6種類の野草と挽肉などを使い、皆で協力しながら野草ハンバーグを作りました。

参加した子ども達は採れたての野草がたっぷり入ったハンバーグに舌鼓を打っていました。