15-11-10-004

県が強い反対の声をあげる中、国による新基地建設に向けた作業が続く名護市辺野古の沖で11月10日、ボーリング調査を行う作業船2隻が確認されました。

午前6時半頃、辺野古の沖では国の作業船2隻が湾内に入るのが確認されました。中村カメラマンは、ヘリから「ボーリング調査をするスパッド台船が約4カ月ぶりに辺野古の沖に姿を現しました」とリポートしました。

10日の辺野古沖には波浪注意報が出ていて、ボーリング調査を行うには条件が合わなかったとみられ、掘削作業を行う様子はみられませんでしたが、台船の周囲をフロートで固めるなど、ボーリング調査の再開に向けた準備とみられる動きが確認されました。

キャンプシュワブのゲート前で抗議する女性は「皆さんが任務として私たちを排除することを知っています。ですけど、皆さんの目の前にいる人たちは、皆人生の大先輩ですよ」と話していました。

10日午前7時頃には、市民らがキャンプシュワブのゲート前に座り込んで抗議しましたが、機動隊員に排除され、次々と工事車両が基地内に入りました。