沖縄防衛局 本体工事の着工届け提出

辺野古への基地建設を巡り沖縄防衛局は28日、本体工事への着手届を県に提出しました。

28日午前、沖縄防衛局の職員が県庁を訪れ、条例にもとづき辺野古の新基地建設に向けた本体工事への着手届を、文書で提出しました。

しかし、本体工事を巡っては、前知事が埋め立てを承認した際の条件としていた事前協議の終結を巡って、国と県との見解が食い違っていて、中谷防衛大臣は27日の会見で「防衛省としては、実施設計等の協議は終了したものと考えている」と述べています。

一方、県側は28日に事前協議の再開を通知する文書を送ったほか、国地方係争処理委員会に審査を申し立てる方針です。