チリ沖地震で沖縄にも影響

17日朝、南米のチリ沖で発生した地震の影響で18日未明、県内にも津波注意報が出され各地に影響が出ています。

日本時間の17日、南米のチリ中部沖で発生したマグニチュード8.3の地震の影響で、18日午前3時に県内全域に津波注意報が出ました。

この影響で中城村や浦添市では合わせて6741世帯に避難勧告が出されていて、中城村では沿岸部の小学校3校が午前中休校にするなどの措置をとっています。

また海の便にも影響が出ています。石橋記者は「津波注意報が出されたことで一部の船が欠航しカウンターには長い行列ができています」とリポートしています。

県内では石垣や宮古島で10センチ、那覇などで微弱の津波が観測されていて、沖縄気象台では津波注意報が解除されるまで海に近づかないよう呼びかけています。