年の瀬を迎え、波上宮では「煤納」が行われました。

波上宮の社殿では、神職や巫女などが、笹竹を手にこの1年の埃などを祓い清めました。

神職・辻信彦さんは「きれいに掃き清めて、新しい気持ちで新年を迎えてもらう」と話します。

鳥居には大きなしめ縄もかけられ、元日午前0時には初詣が始まります。