普天間基地の移設に伴う名護市辺野古の環境アセスのやり直しを求めた裁判で、9日、最高裁判所は住民側の訴えを棄却し、住民側の敗訴が決定しました。

この裁判では、名護市辺野古の住民らが国の環境アセスの方法書と準備書に不備があるとして、アセスのやり直しを求め最高裁に上告していました。

最高裁の岡部喜代子裁判長は9日「住民側の訴えは上告の理由にあたらない」として上告を棄却し、住民側の敗訴が確定しました。

この裁判を巡っては「アセスの手続きの中で住民が意見を述べる権利」が一審の那覇地裁から争点となっていましたが、一審での訴えは棄却され、続く控訴審でも福岡高裁那覇支部が一審判決を支持し、住民側の訴えを棄却していました。