シリーズ「沖縄の岐路」です。衆院選投票日はいよいよ今度の日曜日、きょうから三日攻防に突入しました。注目される混戦模様の1区と保守分裂の4区で各候補者の舌戦が熱を帯びています。

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

赤嶺政賢候補「翁長知事を支持する新基地建設に反対する勢力が4人全員そろって当選をして、県民の強い民意を安倍内閣に伝えたい。そういう絶好のチャンスにしたいと」

共産党公認の赤嶺さん。久米島での演説を終えたきょうも那覇市での街宣を精力的にこなしています。

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

またきのうは、県庁前で大規模な演説会を開催。辺野古に新基地は造らせないと、知事選での追い風を背景に無党派層への浸透を図っています。

赤嶺政権候補「1区で私が自民党(候補)に勝てば、日本の国の政治にも大きな影響を与えてまいります。必ず勝利しようではありませんか」

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

自民党公認の國場さんも久米島での遊説を終え、那覇に戻り企業との会合などをこなしながら政策の浸透を図っています。

國場幸之助候補「知事選の影響もあって当初は厳しい中でのスタートだったが(支持者から)若い國場を再び国政に送ろうと、大きなうねりが起きつつある。あと4日間、全力で頑張って必ず小選挙区で勝ち上がって行きたい」

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

おとといの総決起大会では、政権与党の自公体制の枠組みの中で、沖縄の問題を解決すると訴えました。

國場幸之助候補「今、オール沖縄という名目の中で、一つの結果が出ました。その民意は私自身も謙虚に受け止め、与党の中で伝えてまいります」

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

下地幹郎候補「無党派等対策というものを特に重視してやっていきたい。街頭であったり個別で名刺を渡したりというものの数を増やしながら3日間戦っていきたいと思います」

維新の党公認の下地さんは、きょうも那覇市を中心に街頭での演説や企業、地域回りを数多くこなし、自慢の行動力で選挙活動を展開。

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

辺野古移設反対という知事選で示された民意を持って、日米両政府と交渉する役目を任せてほしいと訴え続けています。

下地幹郎候補「ワシントンに行ってこの空気を伝えなきゃいけない役割がある。厳しい風を知り、この異様な空気を知りこういう結果を体験した下地幹郎が一番いいのでは」

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

仲里利信候補「戦争に繋がるものは全て反対をいたしております。国政の場においても、この戦争だけは、あるいは軍備だけは絶対に許すわけにはいかん」

無所属・新人の仲里利信さんは戦争体験者という視点から改めて辺野古移設反対を訴えました。残された期間は豊見城市・糸満市を精力的に各地をまわってPRし、知名度アップに力を注ぐ方針です。

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

仲里利信候補「まだ、知名度が低いし、極力みなさんのもとに大急ぎでもいいから遊説カーに乗って、朝から晩まで歩くと」

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

西銘恒三郎候補「懸命に徹底的に地域振興を訴えて参りました。最後の最後まで投票箱のふたが閉まるまで、徹底的にこのことを訴えて頑張っていけば、追いついて追い越せる選挙だと考えております」

仲里さんに対し、経済対策を全面に押し出す自民党公認の西銘さん。きょうの街頭演説では、国とのパイプを強調し「若さと行動力、国会でも仕事は誰にも負けない」とアピールしました。

シリーズ沖縄の岐路 三日攻防! 注目の1・4区

西銘恒三郎候補「県知事選挙と国会議員の衆議院の選挙は違います。なぜかといいますと、衆議院の選挙はいつでも政権を選ぶ選挙でもあるんです」

知事選直後の衆議院選挙。有権者はどのような判断を下すのか。投票は今度の日曜日です。