子ども達に交通安全や防犯意識を持ってもらおうと11日、恩納小学校で交通・防犯少年団が結成されました。

少年団は、小学校と警察署が一体となって交通安全や防犯対策に努めるもので、結成式では子どもたちが石川警察署長から声かけの仕方を習い、下級生へ交通安全や防犯への注意を呼びかける練習をしました。

少年団の津波古充希くんは「これから地域のみんなを交通事故などから守れるように、危ないことをしていたら注意できるようにしたいと思います」と話していました。

交通・防犯少年団は今後、朝礼時間や下校時などに呼びかけ活動を行ないます。