中学生に海外への興味をもたせ英語学習への意欲を高めようと、海外に派遣された高校生の体験を聞く特別授業が12日、那覇市の中学校で行われました。

那覇市の寄宮中学校で行われた「グローバル塾」。生徒たちは、県の研修で海外に派遣された高校生の体験談に耳を傾けました。

アメリカで3週間を過ごしたという那覇国際高校2年生の砂川宥人さんは、大学生とのディベートを体験したことや雄大な自然に感動したことを話し「自分が見ていた世界や考えが限られていたことを知った。グローバル化が進んだ今、広い視野を持つことが大事」と話しました。 体験を聴いた中学生は「英語が苦手で留学とか全く考えていなかったんですが」「(体験談には)日本にはないところがたくさんあったので、自分もそういうところを見てみたいなと思いました」と話していました。生徒たちは、海外生活を体験した先輩の話を興味深そうに聞いていました。