辺野古の埋め立て承認の経緯を調査している県議会の百条委員会は、18日、審査に当たった土木建築部幹部の証人尋問を行い、実質的な調査を終了しました。

18日の百条委員会には、証人として県土木建築部の末吉幸満土木整備統括監が呼ばれました。野党会派からは、年末の知事承認に至る経緯について、誰がいつ「適合」と判断したのかなど、細かい経緯が追及されました。

末吉幸満統括監は「環境生活部の意見も聞かせていただきましたし、それに対する見解というのも事業者に求めました。そういうことを踏まえまして、私ども土木建築部と農林水産部で環境にも十分配慮されているという判断をしたところでございます」と述べました。

百条委員会は、18日の証人尋問で実質的な調査を終えました。當間盛夫委員長は「与野党いろいろと判断が違うはずでしょうから、それをどう取りまとめて報告書にまとめていくかというひとつの最後の大きな仕事が残ってるなと思っております」と話しました。

最終報告書は6月定例会の会期中にとりまとめることになっています。