仲井眞知事は18日、政府に対し、沖縄への鉄軌道の導入に向けた特例制度の創設などを要請しました。

仲井眞知事は18日、総理官邸を訪れ、菅官房長官と面談。鉄軌道の導入は県民の長年の悲願であるとして、政府に対し、沖縄への鉄軌道導入の決定や持続的な運営ができるような特例制度の創設などを要請しました。

仲井眞知事は「鉄道についても今、国は国で研究をしているから前向きに検討しますという割に良い返事をいただいたと思うんですよね」と話していました。

知事はこのほか、那覇空港で民間航空機が利用できるエリアが不足しているとして、現在のエリアを南側にある自衛隊基地の一部へ拡張することなども求めています。