辺野古の埋め立て承認の経緯を調査している県議会の百条委員会が18日に開かれ、審査に当たった土木建築部の幹部を証人として招致しました。18日の百条委員会に証人として呼ばれたのは、県土木建築部の末吉幸満土木整備統括監です。

証人尋問で、共産党の渡久地修議員は、審査の結果、承認できると判断したのはいつだったのかをはっきりさせるべきだと質しました。これに対し末吉幸満統括監は「(多くの)審査の項目のなかで、これをいつ決めたというのは私どもは覚えておりません」と答えていました。

百条委員会では16日の参考人招致、18日の証人尋問を経て、6月定例議会での最終報告書の提出を目指しています。