台風11号は、5日午後5時現在、与論島の北の海上を北西へ進んでいて沖縄地方では5日夜遅くから6日の朝まで暴風に警戒が必要です。

台風11号は5日午後5時現在、与論島の北およそ60キロの海上を1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルです。沖縄本島地方は5日朝から強い風と断続的な雨が降っていて午後3時までの24時間の降水量は国頭村などで100ミリを超えています。

本土や各離島を結ぶ船の便は現在すべて欠航しているほか、那覇を発着する空の便も全日空が101便、日本航空で42便など各航空会社の殆どの便が欠航となり、およそ数万人に影響が出ています。

沖縄本島や久米島地方では5日夜おそくから6日の朝まで暴風が続く見込みです。厳重に警戒してください。