第32軍司令部壕の説明板から、住民虐殺などの記述を県が削除することを決めた問題で、平和ガイド団体などは今月17日にこの問題についての学習会を開くことにしています。

学習会の開催にあたって9日、平和団体が開いた会見では「記述を削除した説明板を設置するのは、これまでの証言を無視することで平等ではない」として県への再検討を求めました。

この問題に関する学習会は今月17日那覇市の教育福祉会館でひらかれ、説明板の検討委員による経過説明や研究者による講演が行われます。