大手スーパーのイオン琉球と石垣市は特産品を販売する協定を結び21日、石垣市役所で調印式が行われました。

この協定はイオン琉球のマーケティング力を生かして石垣市の農産物や物産をアピールしようと結ばれたものです。県内の市町村では14番目です。

イオン琉球の栗本社長は「企業理念である地産地消を推進し産業振興に取り組んでいきたい」と話していました。