News Photo

沖縄近海もすでに時化ています。大型で強い台風8号は勢力を強めながら沖縄本島・先島地方に向かっています。台風8号は5日午後5時現在、南大東島の南の海上にあり1時間におよそ20キロの速さで西に進んでいます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速はおよそ50メートルで中心から南600キロ、北側440キロ以内という非常に広い範囲で風速15メートル以上の強い風が吹いているのが台風の特徴です。

那覇市内では5日午後から、街路樹や道路わきの植木に風除けの覆いをかけたり港の漁船をロープで固定したり陸にあげるなど台風対策の光景が見られました。

台風は現在海水温度の高い海上を進んでいるためさらに勢力を強めるとみられていて6日昼前から7日にかけ本島地方や先島諸島に接近する見込みです。今後の台風の動きにご注意ください。