News Photo

きょうは、名護市の長嶺将幸さん(96歳)。

この日はカジマヤーのお祝い。紋付袴姿での登場ですが・・・。

将幸さん「年寄りになったような気がするねぇ」

パレードに向かう足取りはとても軽やかです。

将幸さんが乗った車は、どこへ行っても大歓迎で、多くの人たちの祝福を受けていました。

『みんな喜ぶよ!運転ができるおじぃが「カジマヤー」するというのは』

そうなんです!将幸さんは今でも立派なドライバー。運転免許を取得したのは67歳の時で「花の栽培」をするためでした。

いまでも愛車の軽トラックを運転して自分の畑に向かいます。

畑ではゴーやーなどの野菜を育てていて、大きなトラクターを自由自在に操り、狭いビニールハウスのなかでの切り返しもスムーズです。

将幸さん「そんなにまで緊張しないです。一番楽しい、運転するのが。こうしてトラクターする、楽しい」

車の運転が一番の命薬だ語ると将幸さん。

将幸さん「(Q:運転はいつまで続けたいですか?)100歳まで健康であればやりたい」