News Photo

またアメリカ兵による暴行事件です。20代のフィリピン人女性がアメリカ陸軍の兵士に暴行をされたとして、警察に通報があったことが分かりました。

被害に遭ったのは20代のフィリピン人女性で17日夜から18日未明の間にアメリカ陸軍の兵士に沖縄市内のホテルで暴行されたとして、数時間後に被害女性の知人が警察に通報したとということです。現在このアメリカ兵は基地内にいると見られ、捜査当局が事情聴取を行っています。

立て続けに暴行事件が発生した沖縄市に衝撃が走りました。沖縄市の東門美津子市長は、「残念とか怒りとかではすまないぐらいひどい。これ以上、市民が不安を持って生活していくのは正常ではない。国は、根本的な解決は何なのか、口先だけでなくはっきりしてほしい」と話していました。

このあと東門市長は、きょう21日に開会した定例市議会の冒頭でも、「少女暴行事件や住居侵入に続き新たな婦女暴行事件が発生した。アメリカ軍にはまったく反省が見られない」と怒りを露わにしました。