2019年2月6日

琉球人遺骨返還訴訟 根底に流れる闇…

去年12月、京都地裁である訴訟が起こされました。「琉球人遺骨返還訴訟」と呼ばれるものです。90年前、墓の中から、たくさんの遺骨が持ち去られた事件。原告団の思...続きを見る

辺野古区に戸別補償にかわる振興策提示

辺野古の新基地建設への地元の反発を抑える、新たな振興策の動きです。 沖縄防衛局が1月、名護市の辺野古区長に対し新基地建設の補償として、住宅の新築や、お年寄りのデイサービス利用費の助成などを提案していたことが分かりました。 辺野古区はこれまで...続きを見る

沖縄観光戦略実行会議

観光客1200万人。観光収入1兆1000億円を目標に掲げる県は、2月6日観光戦略実行会議を開き、今後の取り組みを再検討しました。 会議では、第5次沖縄観光振興基本計画の期間が残り3年となり様々な変化に対応し取り組むためのロードマップの改訂に向けた議論...続きを見る

県外で豚コレラ感染確認 県が水際対策進める

愛知県で豚コレラが発生し、感染が拡大している問題。県内では感染を水際で防ぐための対策が進んでいます。 2月6日、農林水産省は、愛知県豊田市の養豚場で家畜伝染病「豚コレラ」の感染が確認されたと発表。この養豚場からは1月下旬からきのうまでに子...続きを見る

宮古馬の赤ちゃん生まれる

2018年、一部の農家での不適切な飼育環境が問題となった宮古馬。2019年、初めての赤ちゃんが宮古島市の牧場で誕生しました。 元気な雄の子馬が生まれたのは宮古島市平良山中にある荷川取牧場。1月29日の朝、飼い主が牧場に行くとすでに生まれて...続きを見る

沖縄の「健康長寿」を取り戻す 沖縄セルラー新事業

メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を改善し、長寿県沖縄を取り戻そうと、沖縄セルラーは2月6日、県外4つの企業と連携しヘルスケア事業に参入することを発表しました。 発表された2つのサービスでは、個人向けの健康サポートアプリで食べたもの...続きを見る

豊見城特産「ちゅらとまと」を使用した新商品発売!

県内一のトマトの生産地、豊見城市の新たな名物になるのでしょうか。食品会社が、市特産の「ちゅらとまと」を使った新商品を発売しました。 豊見城市特産の「ちゅらとまと」をふんだんに使った「トマジローのタコスドッグ」これは、パンの製造で知られるオ...続きを見る

自衛隊施設放火の疑いで海保船に放火した男を逮捕へ

2018年、那覇市の自衛隊施設に火をつけたとして、県警は2019年1月、名護漁港で海上保安庁の船に放火し逮捕された男を6日午後にも再逮捕する方針です。 この事件は2018年12月、那覇市前島の自衛隊沖縄地方協力本部の建物で火をつけられ簡易ベッドが...続きを見る

那覇市で化学薬品を混ぜる事故 塩素系ガス発生

5日夕方、那覇市の衛生検査所で、作業員が化学薬品の処理を誤り有毒ガスを発生させる事故が起き、現場周辺が一時騒然としました。 岸本早剛記者は次のように話しました「ガスマスクをつけた隊員が一斗缶のようなものを車両に運んでいます」 消防などにより...続きを見る

琉球料理の無形文化遺産登録に向け沖縄ハムが寄付金

琉球料理や泡盛のユネスコの無形文化遺産登録に向けて役立ててもらおうと、県内の食品メーカーが登録運動をしている団体に寄付金を贈りました。 2月4日、読谷村の沖縄ハムで行われた贈呈式で、長濱徳勝社長は、登録に向けた活動へ協力をしたいとして、ユネスコ無...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.