2018年2月19日 18時31分

Qプラススポーツ部 プロ野球キャンプ 9球団揃う

こんばんは、スポーツお伝えします。おととい日本ハムファイターズの1軍が名護・国頭でキャンプインし9球団が揃ったプロ野球沖縄キャンプ。ことしから金武でのキャンプを本格化させている楽天の様子、去年のセ・リーグ覇者、広島の沖縄市でのキャンプと合わせてご覧ください。

沼尻「続々と入ってくる選手の中に…清宮選手の姿が見えましたその姿を一目見ようと国頭に多くの人が集まっています」

Qプラススポーツ部 プロ野球キャンプ 9球団揃う

おとといからスタートした日本ハムの沖縄キャンプ。この日は紅白戦を行うとあって、1軍選手らが続々と国頭入り。注目の大物ルーキー・清宮幸太郎らをはじめ一流選手たちを一目見ようとかいぎんスタジアム国頭には多くのファンの姿が。駐車場も満車状態になるなど、活気にあふれていました。

北海道から来たファン「(Qきょうはどちらからですか?)北海道、札幌から(清宮選手)可愛かったです。活躍してほしいですね早く指を治して」

国頭村民「清宮君見に来た。まさかこんなにたくさん人集まると思わなかったですよ国頭に」

この盛況ぶりに、地元・国頭も沸きます。

Qプラススポーツ部 プロ野球キャンプ 9球団揃う

出店で働く女性「国頭村って言ったら、行ったことないって沖縄の人でも言うくらいの場所じゃないですか?でも、この時期こんなに賑わうっていうことは誇りですよね国頭村の。日ハム大好き!」

多くのファンが見つめる前で行われた紅白戦。注目の清宮は、指のケガの影響で守備のみの出場でしたが、それでも1軍選手たちの一挙手一投足にスタンドからは拍手が送られていました。

その中で県勢選手たちも開幕に向けふるさと沖縄でアピール。うるま市出身・プロ3年目となる上原健太は2回を1失点。去年プロ初勝利を挙げた大型左腕が先発ローテーション入りを狙います

上原健太選手「とにかく0で抑えるこというところが一番大事なところ。どんな調子であれ0で抑えることを頑張っていきたい」

また、2軍からスタートしている興南高校出身の高良一輝は9回に登板し1つの三振を奪うなど無失点。2年目のシーズン、1軍入りへのアピールが続きます

Qプラススポーツ部 プロ野球キャンプ 9球団揃う

川村「こちらは東北楽天ゴールデンイーグルス今年から金武町でのキャンプが始まっています」

久米島から金武町へ移り、2次キャンプをスタートさせた楽天。これまでは本島での対外試合のための練習拠点としていましたが、今年からは金武を正式に1軍のキャンプ地としました。地元のファンも大興奮です。

少年「(Q金武町に来てくれてどう?)嬉しい!」

Qプラススポーツ部 プロ野球キャンプ 9球団揃う

男性「嬉しいですとっても。久米島で見に行けなかったので見に行ける所に来てくれて嬉しいです」

女性2人「(どうですか、こんな近くに)夢みたい、まさか来るとは」

そんな喜びに沸くファンの前で、きのうの練習では、それぞれバッティングや投球練習に精を出した選手たち。サインなどのファンサービスにもしっかり応えてくれました。反応ファンとの距離も近く、球場は盛り上がりを見せていました。

また、プロ6年目となる西原高校出身の島井寛仁(ひろひと)。今季、育成から支配下登録選手に復帰しました。久米島でアピールに成功した島井は自慢の俊足を評価され、1軍に。

地元沖縄で、今季の活躍を誓いました。

島井寛仁選手「(Qいかがですか沖縄に帰って来られて?)1年のスタートを沖縄から始められるということは、自分にとっても結構いい感じだなと思います。今年から支配下登録になって背番号と一緒にゼロからのスタートということで1軍の戦力になって1試合でも多く勝ちに貢献できたらいいなと思います」

Qプラススポーツ部 プロ野球キャンプ 9球団揃う

きのう行われた、広島と中日の練習試合。休日ということもあり、会場を埋め尽くした真っ赤なユニフォーム!!カープファンは今年も熱い!!

男性「きょうは秋田から来ました。カープの選手全員(応援しています)(Qファン歴は?)小学校からなんで30年40年近く」

女性「小学生から(好き)です。すごい近くで見られて楽しいです」

男性「30年くらい好きです。広島カープは今年日本一になってほしいです」

県内外から集まった沢山のカープファン!この日は、ホームランも飛び出し会場は更なる熱気に包まれました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.