2018年7月29日

ペタンク教室

高齢者や障害者も気軽に楽しめる人気の球技、「ペタンク」に親しんでもらおうと29日、体験教室が那覇市で開かれました。 ペタンクは、金属製のボールを直径3cmの小さな的に近づけて得点を競う団体競技で、陸上のカーリングとも呼ばれています。 29日...続きを見る

育ててみようオオゴマダラ

夏休み中の子どもたちを対象に、南西諸島に広く分布する蝶、オオゴマダラについて学ぶ講演会が29日開かれました。 これは、オオゴマダラが那覇市の蝶に制定され5周年になるのに合わせて開かれたもので、昆虫が専門の農学博士、大城安弘さんが講演しました。...続きを見る

2018年7月28日

「ビアフェス沖縄」クラフトビール楽しむ

様々な種類のクラフトビールを楽しむことができるイベントが那覇市で行われていて、多くの人で賑わっています。 那覇市のタイムスビル1階で行われている「ビアフェス沖縄」。県内5回目の開催となる2018年は、国内20のメーカーから集められたヴァイツェンやラガーな...続きを見る

防災士育成 那覇市で講習会

大地震や水害などの災害時に被害の拡大を防ぐ、防災士を育成するための講習会が那覇市で開かれています。 防災士は防災・減災に関する知識や技能を持ち、地域や職場単位で防災のリーダーとなる役割が期待される民間の資格で、全国におよそ15万人います。 しかし県内に...続きを見る

シュノーケル事故防止呼びかけ

本格的な夏場の行楽シーズンを迎え、海上保安部が恩納村でシュノーケル事故を防止する取り組みを行いました。 7月16日から始まった海上保安庁による「海の事故ゼロキャンペーン」。このキャンペーンの一環として恩納村の真栄田岬付近のビーチで、近年、事故の増加が懸念...続きを見る

2018年7月27日

辺野古 承諾撤回へ 手続き開始

翁長知事「本日、辺野古新基地建設に係る公有水面埋立承認の撤回に向けて、事業者である沖縄防衛局への聴聞の手続きに入るよう、関係部局長に指示しました」 こんにちは、ここからQプラスです。辺野古の新基地建設問題は再び、大きな局面を迎えました。翁...続きを見る

クラシック音楽初心者のための音楽会

音楽の力で笑顔あふれる社会を作ろうと、那覇市で初心者のためのコンサートが行われました。 7月27日パレット市民劇場で行われたコンサートでは、県内で活動する音楽団、琉球音響楽団が、気軽にクラシック音楽を楽しんでもらおうとクラシックの初心者にも馴染みのある曲...続きを見る

泊魚市場のセリ機能を糸満へ移転 臨時総会で決議

那覇市にある泊魚市場のセリ機能を糸満市に移転させることが決まりました。これは7月26日の県漁業組合連合会の臨時総会で賛成多数で決まったものです。 整備されてから40年近く経つ那覇市の泊魚市場を巡っては老朽化や衛生面の問題からセリ機能を糸満市に移転させる計...続きを見る

興南ナインQAB訪問し決意語る

高校野球沖縄大会を制し、100回目の夏の甲子園行きを決めたのは興南高校の選手たち。7月27日QABを訪れ意気込みを語りました。 夏の高校野球沖縄大会で優勝を果たし2年連続12度目の甲子園出場を決めた興南高校。27日、監督や選手たちがQABを訪...続きを見る

翁長知事 承認撤回手続きを開始

名護市辺野古の新基地建設をめぐり、翁長知事は先ほど会見を開き、埋め立て承認撤回に向けた手続きに入ることを発表しました。 翁長知事は「本日、辺野古新基地建設に係る公有水面埋立承認の撤回に向けて、事業者である沖縄防衛局への聴聞の手続きに入るよう、関係...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.