2017年7月16日 17時54分

高校野球沖縄大会決勝

高校野球沖縄大会決勝

夏の高校野球沖縄大会は16日、決勝戦が行われ興南高校が2年ぶり11度目の甲子園出場を決めました。

第3シード・美来工科、第4シード・興南の対戦となった決勝戦。

試合は1回から動きます。興南はチャンスで4番・福元信馬。2点タイムリーで先制すると、その後、興南打線が爆発。2回に5点3回に6点と畳みかけ序盤3回で13点を奪います。

一方、反撃したい美来工科は8回、チャンスを作り3番・山川倫輝が意地のタイムリーで1点を返します。しかし最後は、決勝のマウンドを任された興南・1年生左腕宮城大弥が、この日13個目の三振を奪いゲームセット。

興南が2年ぶり11度目の甲子園出場を決めました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.