10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

2017年3月18日

沖展きょうから

県内最大の総合美術展・沖展が18日から浦添市で始まりました。 今年で69回目を迎えた沖展。会場の浦添市民体育館には、966点の応募の中から選ばれた絵画や彫刻、写真など7部門・12ジャンルの作品810点が並んでいます。 中でも彫刻部門で最高賞...続きを見る

妊娠期から切れ目のない子育て支援を

妊娠期からの切れ目のない子育て支援について考える研修会が17日、南風原町で開かれました。 研修会には、日ごろ児童福祉や子どもの貧困対策など、子育てに関わる市町村の職員らおよそ140人が参加しました。 講師を務めたのは、大阪府立母子保健総合医...続きを見る

シンポジウム 公共交通利用促進に理解を

バスや鉄道といった公共交通の利用を高めた、豊かなまちづくりを考えるシンポジウムが那覇市で開かれました。 那覇市が初めて主催したシンポジウムでは、はじめに都市工学が専門の東京大学大学院原田昇教授が基調講演し、クルマ社会が進むと個人主義や排除といった...続きを見る

2017年3月17日

山城被告初公判 記者解説

なぜこれほど、勾留は長期に渡っているのか、そして、今後の行方について記者解説です。 担当の上間記者です。                                                                   ...続きを見る

F15脱輪事故の調査結果を公表

2017年1月、那覇空港を離陸しようとした航空自衛隊F15戦闘機のタイヤが外れたトラブルについて、17日、航空自衛隊は、タイヤの車軸が金属疲労で破断したのが原因だったと公表しました。 F15のトラブルは1月30日に発生。機体が立ち往生したため滑走...続きを見る

18消防機関合同消防訓練

発災から間もなく1年を迎える熊本地震での教訓を生かそうと県内各地の消防機関による合同訓練が、17日八重瀬町で行われました。 訓練は、熊本地震の際に県が派遣した消防職員らの現地での活動をふまえ、その教訓を県内各署で共有しようと行われたもので県内18の消...続きを見る

県内学生、海外就職めざし台湾で研修

県が主催する「海外ジョブチャレンジ事業」のインターンシップが2月26日から7日まで台湾で行われ、12人の学生が、短期プログラムを終えました。 このプログラムは、海外での就職を希望する学生を対象に行われたもので海外企業や現地で働く県人、また留学生な...続きを見る

オキコと沖工がコラボ ケーキ発表

県内の食品メーカーと、高校生が共同で開発し商品化されたオリジナルケーキが発表されました。 16日に発表されたケーキ「琉球の華」はオキコ株式会社と沖縄工業高校の生徒が共同開発したものでありそうでなかった、さんぴん茶葉を使用したお菓子です。 商品化...続きを見る

平和運動センター議長山城被告初公判

逮捕から5カ月、平和運動センター議長の山城博治被告ら3人の初公判が17日、那覇地方裁判所で開かれました。 2016年10月の逮捕以降、長期間の勾留が続く山城議長ですが、入廷した時には傍聴席へ軽く一礼をして着席しました。 裁判所近...続きを見る

宮古島市のイヌマキ林『ふるさと文化財の森』に

宮古島市上野に広がるイヌマキ林が、このほど、文化庁が定める「ふるさと文化財の森」に認定されました。 県内では初めてです。「ふるさと文化財の森」は、国宝や重要文化財などの建造物の修理に必要となる木材などの確保を目的に文化庁が設定するもので、現在...続きを見る


10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.