10 / 22« 先頭...91011...20...最後 »

2016年3月18日

東村高江 工事阻止2年を前に集会

東村高江でアメリカ軍のヘリパッド工事を阻止してからまもなく2年となるのを前に、17日に高江の住民らが集会を開きました。 集会には、高江区の住民も含め200人余りが参加し、8年あまり続く座り込みで工事を2年間、阻止できたと意義を強調しました。 ...続きを見る

日米の高校生が国際交流

アメリカからやってきた高校生たちが浦添市の高校生と国際交流です。 外務省の国際交流事業「カケハシプロジェクト」で沖縄を訪れているのはモンタナ州ボーズマン高校の生徒達です。 17日に浦添高校で開かれた歓迎会では、沖縄の生徒が空手などを披露する...続きを見る

2016年3月17日

Q+リポート 沖縄で県産落語を広めたい

Q+リポートです。21日午後4時5分から放送の特別番組「落語×うちな~」。これは読谷村出身の落語家・立川笑二さんの、沖縄を題材にした新作落語を誕生させるまでを追ったドキュメンタリーです。 お笑い時代に培った度胸とセンスが持ち味の笑二さ...続きを見る

県内初の介助犬が誕生!

新開さんは「介助してくれる物や道具と違います。単なる介助してくれる存在ではなく、愛おしい存在に変わってきています」と話します。 ラブラドールレトリバーのオメガくん、県内初の介助犬です。 介助犬とは、手や足に障害のある方々の生活を手助けするの...続きを見る

米兵による暴行事件は復帰後130件

17日に開かれた県議会のアメリカ軍基地関係特別委員会では復帰後だけでも暴行事件は130件に上ることが明らかになりました。 13日に那覇市で起きたアメリカ兵による女性暴行事件を受け、軍特委では今回の事件の概要が説明されたほか、復帰後に発生したアメリ...続きを見る

那覇市議会 米兵暴行事件で意見書・抗議決議を可決

3月13日に那覇市内で起きたアメリカ兵による女性暴行事件を受け那覇市議会は17日、再発防止策などを求める意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。 那覇市議会で決議文を読み上げた渡久地政作市議「米軍は今回の事件により市民・県民及び観光客が...続きを見る

重粒子線治療施設は「引き続き検討」

重粒子線による最先端のがん治療施設の導入を検討する委員会は、3月16日、翁長知事に対し引き続き慎重に調査すべきとする検討結果を報告しました。 県は2012年度から、重粒子線治療施設導入の検討を始め、2015年度は、国内外でどの程度のニーズ...続きを見る

2016年3月16日

Q+リポート 子ども支援「寺子屋」の取り組み

さて、子どもの貧困会議では様々な数字が明らかになっています。こちらは県内の高校進学率です。全国ワースト。(沖縄96.4%全国98.5%)その1つの要因としては生活保護世帯の高校進学率(沖縄83.5%全国90.8%)の低さがあると言われています。 経済...続きを見る

沖縄戦損賠訴訟 判決

3月16日、71年前の沖縄戦で国の責任を問う裁判の判決が出ました。 20万人あまりが犠牲になり、多くの県民が戦争の被害者となりました。その沖縄戦の謝罪と損害賠償を住民や遺族らが国に求めた裁判。 遺族らの訴えは退けられました。 この裁判では...続きを見る

暴行事件で四軍調整官と総領事が知事に謝罪

3月13日、那覇市内で発生したアメリカ兵による女性暴行事件について、在沖アメリカ軍のトップと在沖アメリカ総領事が県庁に翁長知事を訪ね、謝罪しました。 知事を訪ねたローレンスニコルソン在沖アメリカ軍四軍調整官は、「この事件は我々にとっても恥ずべきことだ...続きを見る


10 / 22« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.