2015年8月18日 18時42分

普天間基地の退役兵に健康被害補償

自分の住んでいる地域が知らないうちに汚染されていたら。そんな不安と恐怖を感じるニュースが飛び込んできました。

1980年代、普天間基地で勤務していた退役軍人の男性に対しアメリカ退役軍人省は「男性が前立腺ガンになったのは勤務中に有害な化学物質を浴びたことが原因」として補償を支払うことを認めました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.