2015年11月18日

高校生が桜の復興プロジェクト

あと2カ月ほどでさくらまつりのシーズンとなりますが、台風などでよわった桜を取り戻そうというプロジェクトがはじまりました。そのプロジェクトを担うのは、南部農林高校の生徒たちです。 これは「桜の復興プロジェクト」で八重瀬公園の桜が弱ってきたため桜に華...続きを見る

ゲート前座り込み500日

辺野古への新基地建設に反対してキャンプシュワブのゲート前で行われている座り込みが500日になり集会が開かれました。ゲート前には午前6時前から新基地建設反対を訴え県議団や市議団、市民らなどが集まり、県を提訴した政府の対応を批判しました。 参加者は「...続きを見る

暴走行為の怖さ伝える

暴走行為による通報が多い北谷町で、中学生たちに暴走行為の怖さを知ってもらおうと、18日、県警による講習会が行なわれました。これは県警本部交通指導課が、中学生を対象に行なったもので、バイク事故の怖さを映像で示し、暴走行為について説明しました。 県警...続きを見る

沖縄トヨタ自動車に環境大臣賞

エコドライブへの取り組みを積極的に実施している団体の活動を評価する全国コンテストで、県内の企業が環境大臣賞を受賞しました。エコドライブ活動コンクールは、全国でエコドライブに取り組んでいる団体の活動を評価するもので、2015年で5回目の開催です。 ...続きを見る

サンタさんからの手紙 子どもたちとの往復書簡展示

子どもたちとサンタクロースがやり取りした手紙が、18日から那覇中央郵便局で展示されています。これは、日本・フィンランドサンタクロース協会が主催する「サンタさんからの手紙」という取り組みで、フィンランドに住むサンタクロースから手紙をもらうことができるもの...続きを見る

辺野古沖 県調査 サンゴ礁破壊「判断できず」

辺野古への新基地建設をめぐり、県は17日、県の潜水調査の結果を公表し、サンゴ礁の破壊は「判断できない」と結論付けました。 県は2015年8月から9月にかけて、投入されたコンクリートブロックによりサンゴ礁が破壊されている可能性があるとして、辺野古沖...続きを見る

奨学金ホットライン

奨学金の返済に関する悩みを弁護士に無料で相談できる「奨学金ホットライン」が実施されています。「奨学金ホットライン」は日本弁護士連合会が全国一斉に行っているものです。 相談には弁護士が無料で対応し、奨学金の返済に関する救済制度を案内したり、訴訟への...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.