2015年11月11日

Q+リポート 認定子ども園ってなあに

Q+リポートです。今月から各自治体で来年度の保育所の入所申込みが始まりました。しかし、一方で県内の待機児童は4月現在で2591人。特に那覇市は人口当たりの待機児童数が全国ワーストと、依然として深刻です。その那覇市が、来年度から子育て環境の大改革に踏み切...続きを見る

こどもの国でクマ脱走 逃走後約10分で御用

大矢記者は「屋根の金網をこじ開けたその犯人は、発見された当時、この白い日差しの上にいました。そしてこの通路まで降りてきて、一気に走り抜けた先、こちらの広場のあたりで係員の男性たちによって確保されたということです」と話します。 11月7日の正午頃、...続きを見る

是正指示拒否会見

辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐる国の是正指示に対し、翁長知事は拒否を表明しました。国との争いはついに法廷闘争に入ります。 翁長知事は「私どものある意味で不動の価値観、正当性というのは変わっておりませんのでその意味で指示は拒否をすると」と話して...続きを見る

ボーリング再開準備進む

4か月ぶりに大型の作業船が現れた名護市辺野古の沖では、11日も基地建設のためのボーリング調査に向け準備が進む光景が確認されました。 辺野古では、午前8時45分ごろから、ボーリング調査の足場となる台船がキャンプシュワブの浜から海に出されました。正午...続きを見る

地元の海の環境を学ぶ

名護市の屋我地島の中学生たちが、地元の自然に触れながら環境について考える体験学習を行ないました。この体験学習は、地域の環境活動やエコ活動に積極的に取り組む小中学校を支援する「ライオン美らアクション」基金を受けて実施されました。 屋我地中学校の2年...続きを見る

県高文祭 文芸図書部門

県内の高校生の文化の祭典、総合文化祭の文芸図書部門が那覇市で開かれました。県高校総合文化祭、文芸図書部門には、部活動などで小説や詩、俳句などの制作活動に取り組む生徒およそ80人が参加しました。 このうち図書部門では、お気に入りの本を持ち寄って、5...続きを見る

震災の東北と戦争の沖縄 語り部座談会

地上戦が繰り広げられた沖縄と、東日本大震災の起きた宮城、それぞれの地で活動する語り部の座談会が開かれました。 南三陸町で地域ガイドをしている後藤一磨さんは「(震災から)様々な気づきとか学びとかが見えてくるようになりまして、直後に起きたことよりも、...続きを見る

辺野古ボーリング作業再開へ向け動き

11月10日、4か月ぶりに大型の作業船が現れた名護市辺野古の沖では、新基地建設に向けたボーリング調査の準備が進められています。 11日午前8時45分ごろ辺野古沖では、10日まではなかったボーリング調査の足場となる台船がキャンプシュワブ内の浜から海...続きを見る

子どもの貧困初めて県の教育大綱に盛り込む

子どもの貧困対策や青少年の育成など、教育に関する課題やあり方を話し合い、県の教育方針を決める会議が10日に開かれ、大綱案がまとまりました。 この会議は2015年4月から初の「教育大綱」の策定に向け行われていました。 注目は大綱の中に「子ども...続きを見る

高齢者交通安全大学修了式

交通安全への理解を深めてもらおうと、県警が実施している高齢者交通安全大学の修了式が11月10日、宜野座村で開かれました。 交通安全大学は高齢者の事故の増加を受け、事故の特徴などを学び、交通安全への理解を深めてもらおうと実施しているものです。 ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.