1 / 212

2014年3月6日

楽園の海 水中の珍しいモノたち

三上「楽園の海、案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。きょうは『水中のレアなモノたち・珍しいモノたち』というテーマです」 長田「今回は、なかなか見られないものをたくさんお見せしたいと思います。日本だけではなく、世界の海で撮ってきた映像もご覧...続きを見る

米海兵隊ヘリ トラブル 揚陸艦への着陸失敗

6日、海兵隊の攻撃ヘリがホワイトビーチに停泊中の揚陸艦への着艦に失敗していたことがわかりました。現在、県が詳しい情報を確認しています。 6日午後、うるま市のホワイトビーチの海軍桟橋西側に停泊している揚陸艦デンバーの甲板上には、ヘリの右脚が壊れた状...続きを見る

嘉手納町議会 F-15風防落下事故に抗議

4日に嘉手納基地所属のF-15戦闘機から部品が落下した事故に対し、嘉手納町議会は6日、抗議決議と意見書を全会一致で可決しました。 嘉手納町議会では冒頭、基地対策特別委員会の奥間常明委員長が「演習や訓練を最優先し、航空機の整備点検や安全管理など運用...続きを見る

県議会で自民・照屋県議 「新聞報道 公平公正でない」

6日の県議会一般質問で自民党の照屋守之県議は「普天間基地の移設問題を巡る新聞報道は公平公正でない」として県の考えを質しましたが、県の又吉知事公室長は「報道の自由は憲法で保障されている」との見解を示しました。 6日の一般質問で、自民党の照屋県議は、...続きを見る

報道統制?有識者に聞く

県議会一般質問での自民・照屋県議と県とのやりとりについて、専門家からは「報道の自由」を危惧する声があがっています。 琉球大学の島袋純教授は「報道に対する権力的な統制、取締りとかを意味することになる。報道の自主性とか自由な報道に対する挑戦と思えます...続きを見る

新外交イニシアティブシンポ 米軍基地問題 様々な視点で考える

沖縄の基地問題についてジャーナリストらを交え様々な視点から考えるシンポジウムが、5日に那覇市で開かれました。 日米地位協定をはじめ、領土問題や歴史認識問題などを取り上げ、あらたな外交の形を模索するNGO団体「新外交イニシアティブ」が開いた5日のシ...続きを見る

沖縄での対策を協議「南海トラフ地震」避難者7000人に

太平洋沖に、九州東方沖まで伸びる南海トラフで起きるとされている巨大地震。沖縄での避難者は7000人を超えるという試算が出ました。 6日に那覇市内で初めて開かれた「南海トラフ巨大地震対策検討会」では、巨大地震が発生した際の被害想定や、その対策などが...続きを見る

県立高校入試始まる 宮古島では恒例の温かな応援

6日から県立高校の入試が始まっていますが、宮古島市の高校では、家族で受験生を囲む温かい応援の光景が見られました。 6日から始まった県立高校の一般入試。宮古高校ではおよそ200人が難関に挑みました。お昼休みが近づくころには受験生を応援しようと家族や...続きを見る

1万2943人が挑む 県立高校入試始まる

県立高校の入試が3月6日から県内各地で始まり、1万2000人あまりが15の春の試練に挑みました。 このうち、那覇市の小禄高校では試験に先立ち、毎年恒例となっている体育館でのオリエンテーションを実施。緊張した面持ちの受験生たちへ仲田洋一校長から、「...続きを見る

石垣市長選 中山市長に当選証書

3月2日の石垣市長選挙で当選した中山義隆さんに3月6日、当選証書が付与され2期目の決意を新たにしていました。 3月2日の石垣市長選挙で再選を果たした中山義隆さんの当選証書付与式では市の選挙管理委員会の伊是名八郎委員長から中山市長に当選証書が手渡さ...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.