2013年3月1日

米兵・米軍人の事件事故防止策協議

アメリカ兵などによる事件や事故を防ぐため、日米の関係者らによる会議が那覇市で開かれました。会議には県や県警、基地を抱える自治体やアメリカ軍の担当者らが出席しました。 会議は、アメリカ軍関係者による事件や事故について話し合い、効果的な防止対策などを考え...続きを見る

県立高校卒業式 思い出を胸いっぱいに巣立ち

きょうは、卒業生の門出を祝うような晴れ晴れとした天気になりました。 きょう県内の公立高校では卒業式が行われ、およそ1万4000人の生徒が学び舎を巣立ちました。各校の卒業生の表情をご覧ください。 今年の県立高校の卒業生は、全日制・定時制・通信制合...続きを見る

辺野古沖埋め立て申請 知事「政府の動き当面静観」

名護市辺野古沖の埋め立て申請に向けて加速する政府の動きについて、仲井真知事は当面静観したいとの見解を示しました。 1日から始まった県議会代表質問で、自民党の翁長政俊議員は、埋め立て申請に向け、着々と政府の手続きが進行している状況について、知事に対し「...続きを見る

稲嶺名護市長 埋め立て同意「よく考えていただきたい」

普天間基地の移設問題で、名護漁協が防衛省から辺野古沿岸部の埋め立ての同意を求められていることについて、名護市長はよく考えてほしいと「目の前の一時的な補償のためにそれを受け入れていいのか、良く考えていただきたい」と話しました。 稲嶺市長は、埋立によ...続きを見る

八重山教科書問題 文科省義家政務官竹富町を指導

八重山の教科書問題で、文部科学省の義家政務官は1日に竹富町の教育委員会を訪れ、採択地区で同一の教科書を使うよう指導した上で意見交換を行いました。 竹富町では2011年、八重山採択地区協議会の答申した育鵬社ではなく、東京書籍の公民の教科書を採択して...続きを見る

県立高校卒業式 1万4000人余学び舎をあとに

3月1日のきょうは県立高校の卒業式の日。およそ1万4000人の生徒が学び舎を巣立ちます。 このうち那覇商業高校の卒業式では、校旗を先頭に商業科や会計科など324人の卒業生が在校生や保護者らの拍手に迎えられ入場。3年間の学校生活、最後の日を迎え...続きを見る

県医師会緊急アピール 生活習慣の改善健診受診を

2月28日に厚生労働省が発表した都道府県別の平均寿命の結果を受け、28日夜、沖縄県県医師会が緊急アピールを発表しました。 県医師会は女性の平均寿命が1位から3位に、男性の平均寿命が25位から30位に転落した主な要因は、生活習慣病の増大や健康診断の受診...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.