10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

2012年5月18日

那覇の街の新たな顔に「カフーナ旭橋」が落成

那覇市の旭橋駅周辺の再開発事業で、ホテルや店舗などが入る区画が完成し、17日夕方に落成式が行われました。 旭橋駅周辺地区の再開発事業は、2005年から第一期工事が進められ、自治会館や住宅などはすでに完成しています。 2009年から始まったホ...続きを見る

2012年5月17日

太平洋島しょ域 環境問題解決目指すシンポ

美しい海と多様な海洋生物を育む太平洋の島々が抱える環境問題の解決を目指すシンポジウムが、17日から宜野湾市で開かれています。 このシンポジウムは5月25日から始まる「太平洋・島サミット」を記念して開かれました。 太平洋地域の島々から来た若...続きを見る

東村高江区 ヤンバルクイナ繁殖確認

東村高江地区に生息しているヤンバルクイナのペアに4羽の雛が誕生していたことがわかりました。これは、どうぶつたちの病院沖縄が2010年10月、つがいとなったヤンバルクイナの観察を継続していて確認したものです。 今回、誕生した4羽の雛は2012年4月...続きを見る

5・15-夢・現実そして未来へ-「屋良メモ」に見る復帰への思い

復帰から40年。当時、沖縄の先頭に立って、復帰運動を牽引した人がいます。「復帰の父」と呼ばれる沖縄県初代知事・屋良朝苗さんです。屋良さんは、当時の出来事や日々の思いを綴った日誌を残していました。そこには、復帰にかける思いが込められていました。 ...続きを見る

県議会に補正予算案提案

県議会の5月臨時議会が始まり、総額113億円余りの補正予算案などが提案されました。 今回の補正では、当初予算で使い道が決まっていなかった沖縄振興特別推進交付金123億円の内、80億円余りを計上しています。 主な内訳は、国際物流拠点の整備事業...続きを見る

PAC3部隊 未明に嘉手納へ

PAC3部隊の訓練のため、那覇軍港で待機していたアメリカ軍の車両が17日未明、再び公道を使って嘉手納基地へと戻りました。 山城健太記者は「一般の車とともにPAC3を乗せた米軍の車両が58号を北上していきます」とリポートしました。 移動したの...続きを見る

琉大に「爆破予告」

17日朝、琉球大学に爆破を予告する文書が届き、警察が悪質ないたずらと見て捜査しています。 17日午前8時半ごろ、琉球大学・法文学部のビルに「17日に法文学部を爆破する」と書かれた文書入りの封筒が張られているのを職員が発見。法文学部の講義は全て休講...続きを見る

PAC3部隊 未明に嘉手納へ

PAC3部隊の訓練のために那覇軍港で待機していたアメリカ軍の車両が、17日、再び公道を使って嘉手納基地へと戻りました。 移動したのは、今月14日、訓練のため嘉手納基地から那覇軍港へ移動していたアメリカ軍の車両8台です。 車両は、...続きを見る

「復帰の日は避けた」嘉手納基地で即応訓練

アメリカ軍は、模擬爆発装置などを使った即応訓練を16日から嘉手納基地で実施しています。嘉手納基地報道部は「本土復帰40年の記念日を尊重し予定を遅らせた」として16日から訓練を実施すると通知しました。 17日午前、嘉手納基地周辺では...続きを見る

伊良部大橋 巨大な橋げたを設置

宮古島と伊良部島の間で建設中の伊良部大橋で、16日、長さ140メートルの巨大な橋げたが設置されました。設置されたのは長さ140メートル、幅16メートル、重さ1500トンという巨大な橋げた。 3つの橋げたのうちの1つで、...続きを見る


10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.