2011年7月18日 18時45分

高校野球沖縄大会 糸満悲願の初優勝

夏の全国高校野球沖縄県大会の決勝が、7月17日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われ、糸満が2対1で中部商業を下し、悲願の甲子園初出場を決めました。

試合は、初回中部商が糸満先発の山城の立ち上がりを攻め、2アウト3塁で4番仲村がセンターオーバーのタイムリーで先制します。

しかし糸満は4回裏、2アウト2塁で7番大城護彰がセンター前へ。2塁ランナーが生還、同点に追いつくと、続く5回裏、1アウト満塁のチャンスで4番上原がスクイズ。勝ち越しに成功し糸満が試合をひっくり返します。

試合はこのまま糸満が2対1で逃げ切り、春夏通じて初めての甲子園出場を決めました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.