2011年9月14日

Qリポート 被災した福島の高校生の思い

Qリポートです。きょうは大きな夢を持って福島の高校に進んだ那覇出身の高校生についてです。半年前、福島の高校で授業中に被災した比嘉怜羅さん。現在那覇の高校に通う彼女の決意を取材しました。 比嘉怜羅さん、17歳。小学校5年生でゴルフを始めた...続きを見る

おじぃちゃん おばぁちゃんの命薬 喜納千鶴子さん

おじいおばぁの命薬!今日ご紹介するのは、那覇市で雑貨店を営む喜納千鶴子(きな・ちずこ)さん、89歳。3年前にも紹介しましたが、90歳を前に再び登場してもらいました。 実は千鶴子さん、足の骨折、そして腸の手術を受けるなど大変な思いをしまし...続きを見る

自民党文部科学部会 教科書問題で県と市の説明聞く

八重山地区の公民教科書採択問題で、新しい歴史教科書をつくる会系の教科書を支持する自民党の国会議員らが9月13日、会合を開き、石垣市の玉津教育長や県教委から経過報告を受けました。 育鵬社版に反対する住民らは、3市町の教育委員全員が集まった会議協会不...続きを見る

決起集会実行委員ら 嘉手納統合案反対決議を提出

嘉手納基地爆音訴訟の原告らで作る団体が、9月14日、県に嘉手納基地の統合案などに反対する決議を提出しました。決議を提出したのは、9月8日に開かれた嘉手納統合案反対決起集会の実行委員です。 一行は嘉手納統合案や普天間基地へのオスプレイ配備、東村高江...続きを見る

沖縄平和運動センター 教科書問題で緊急アピール採択

沖縄平和運動センターの定期総会が、9月14日、那覇市で開かれ、教科書問題について緊急アピールを採択しました。平和運動センターは、県内の労働組合などが幹事を務め、平和行進や県民大会などを主催する市民団体です。 9月14日、那覇市で開かれた総会では、...続きを見る

オリジナル商品でマチグヮーPR

マチグヮーを活性化しようと、那覇市の商店街組合がオリジナル商品を開発し、9月14日、お披露目が行われました。 牧志公設市場や壺屋やちむん通りなどの商店街で構成する那覇市中心商店街連合会が開発したのは、初のオリジナル商品「公設市場のあぐー豚のゴロ...続きを見る

死亡事故多発で緊急アピール

県警は交通死亡事故多発を受け、緊急事態のアピールを行いました。渡具知辰彦県警交通部長は、「8月15日から1カ月間で8件、9人の死亡事故が発生して、極めて憂慮すべき状態にあります」と話しました。 県警では、交通安全教育の徹底や10月に開かれる飲酒...続きを見る

名護市議会一般質問 枯れ葉剤使用の事実追及

県内のアメリカ軍基地で枯れ葉剤が使用されていたとされる問題で、1970年代に名護市のキャンプシュワブで勤務していた退役軍人が枯れ葉剤による被害を訴えていることがわかりました。 14日、名護市議会の一般質問で大城敬人議員は、退役アメリカ軍人のスコッ...続きを見る

学長予定者が基調講演 大学院大学開学準備進む

2012年の開学に向け、恩納村で建設がすすむ沖縄科学技術大学院大学の設置促進県民会議が、13日に那覇市で開かれました。 会議をまえに、基調講演に立った初代学長に就任予定のジョナサン・ドーファン博士は、キャンパス整備の進捗状況を説明。また2010年...続きを見る

U-22代表決定に続き 比嘉選手マリノス加入内定

来年のロンドンオリンピックを目指すサッカー男子、U‐22の日本代表で、県出身の比嘉祐介選手がJ1の横浜F・マリノスへの加入が内定しました。 13日、会見に臨んだ名護市出身の比嘉祐介選手。現在、大学4年生で、豊富な運動量とスピードを生かした攻撃の左...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.