2010年9月9日

軍転協 跡地利用の促進を要請

基地を抱える自治体の代表で構成する軍転協のメンバーが総理官邸を訪れ、跡地利用の促進に向け、新たな法制度の制定を要請しました。9日に総理官邸を訪れたのは、仲井真知事と基地を抱える自治体の代表で構成する軍転協のメンバーです。 メンバーは基地の跡地利用...続きを見る

あすから受け付け 「働く人の電話相談室」

心の悩みを電話で話すことで自殺を防ごうと、10日から12日まで無料でカウンセリングが受けられる「働く人の電話相談室」が設置されます。「電話相談室」は今月10日の世界自殺防止デーにあわせて開かれるもので、ことしで4回目です。 県庁前では、多くの人に...続きを見る

65年前のきょうは1945年9月9日(日)

住民や学生まで動員された沖縄戦。国民以外でも、朝鮮半島から強制的に連行された多くの人々がいました。 捕虜となり、学徒隊と写真に納まる、ひと際大きな体をした「朝鮮人軍夫」。当時、日本の植民地だった朝鮮からは、戦争へ多くの人々が軍夫や慰安婦として強...続きを見る

Qリポート 名護市議選・市民の思い

今月12日、県内25の市町村で議員選挙が行われますが、政府がその結果に強く注目しているのが名護市議選挙です。 「基地建設」に反対する稲嶺市長を支える市長派と「容認」に立場が近い反市長派の過半数を巡る攻防。そして一票を投じる名護市民の思いを岸本記...続きを見る

岡田外務大臣 「オスプレイ配備可能性ある」

岡田外務大臣は普天間基地の移設問題にからみ「オスプレイ配備の可能性はある」との認識を示しました。 岡田外務大臣は9日の参議院外交防衛委員会で「(オスプレイ配備の)可能性はあるわけです。可能性があるならその前提で議論すべきで、アメリカが言ってこない...続きを見る

看護師が全国キャラバン 過酷な労働環境の改善を

「救急の日」の9日、医療現場での看護師の増員や労働環境の改善を求める全国キャラバンがスタートしました。このキャラバンは医療現場での看護師の過酷な労働環境を改善しようと全国の看護師が作る労働組合が開きました。 9日、県庁には県内の看護師や労働組合の...続きを見る

特別支援学校就業キャンペーン 生徒たち雇用拡大訴える

今月は障害者雇用支援月間です。特別支援学校の生徒たちの就業を支援する企業訪問キャンペーンが9日に行われました。 このキャンペーンは学校や行政などが連携し毎年行っているもので、特別支援学校に通う生徒たちが企業を訪問し、雇用拡大を訴えるものです。 ...続きを見る

糸満市真栄里 畑から不発弾約2000発

糸満市の農地から沖縄戦当時のものとみられる不発弾2113発が見つかりました。 不発弾が見つかったのは、糸満市真栄里の農地で、9月7日から県が発注した磁気探査を業者が進めていたところ、地中に埋まっていた不発弾が発見されたものです。発見された不発弾は...続きを見る

日本代表メンバー 興南の選手ら元気に帰国

日米親善高校野球の日本代表としてアメリカを訪れていた興南高校のメンバーが8日夜沖縄に帰ってきました。我喜屋監督と島袋投手、我如古選手など日本代表のメンバーは8日夜遅くに那覇空港に到着。笑顔で帰ってきました。 アメリカロサンゼルスでの親善試合は、2...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.