1 / 212

2010年2月17日

65年前のきょうは1945年2月17日

女子学生あこがれのセーラー服。その服装も戦時体制とともに変わっていきます。 宮城巳知子さん「自分たちは昭和16年入学だから、2年間は女学生らしい生活で楽しかったです」 宮城巳知子さん。太平洋戦争開戦直前の1941年4月、首里にあった県立女...続きを見る

Qリポート ゆいレールを脅かすものは

2003年に開業し、今年で7年を迎える沖縄都市モノレール。今、その経営が厳しい局面を迎えています。景気後退による観光客の減少なども指摘されていますが、それとともに、沖縄特有のある現象が新たな経営の脅威となっています。実近記者です。 ...続きを見る

稲嶺名護市長が上京 「辺野古に基地造らないで」

「市民の思いを汲み取ってほしい」。稲嶺進名護市長が17日に東京を訪れて閣僚と相次いで面談し、辺野古への基地建設に反対する民意を直接、伝えました。 東京に到着後、国民新党の党本部を訪れた稲嶺名護市長は、亀井代表と意見を交...続きを見る

沖縄基地問題検討委 移設具体案提示せず

普天間基地の移設問題で政府与党は17日の検討委員会で予定していた社民党と国民新党の候補地案の提示を先送りしました。 17日午後の沖縄基地問題検討委員会では社民党がグアムやサイパンなどの国外や九州北部へ移設する案を、...続きを見る

インフルエンザ 流行警報を解除

2009年8月の発表から6カ月、県はインフルエンザの流行警報を解除しました。県内58の医療機関の2010年に入ってからの患者の報告数は1月の第3週から4週連続で減少、8日から14日までが流行基準を下回る5.66となりました。 ...続きを見る

嘉手納町議会 相次ぐ外来機飛来に抗議

嘉手納基地に外来機が相次いで飛来していることに対し、嘉手納町議会は、抗議決議と意見書を全会一致で可決しました。 6日から12日かけて、嘉手納基地ではグアムのアンダーセン基地に所属するB52戦略爆撃機が緊急着陸し、F22とFA1...続きを見る

支援センターオープン 学童の抱える問題解決します!

放課後、子どもたちが過ごす学童。県内ではその充実が求められていますが、学童の様々な問題の解決に向けて県の支援センターがオープンし、17日に開所式が行われました。 共働きや母子家庭が比較的多い沖縄では学童の充実が求められています...続きを見る

職人の技に触れる

沖縄にも紅型や螺鈿などの伝統工芸品がありますが旅先で、その土地の工芸品を見るのも楽しみの一つ。そんな全国各地に伝わる日本の職人の技を堪能できるイベントが那覇市で開かれています。 「職人の技展」では全国27の業者が、実演を交えながら伝統工芸品...続きを見る

稲嶺名護市長上京 基地建設反対の思い政府へ

名護市の稲嶺市長が辺野古への基地建設に反対する民意を直接、政府に伝えるため17日朝上京しました。 就任後、初めて上京する稲嶺名護市長は出発を前に、那覇空港で「選挙で訴えてきた公約をそのまま政府に伝え、辺野古への基地建設を断念させたい」と意...続きを見る

市民団体 嘉手納統合案シュワブ陸上案に抗議

普天間基地の移設先として浮上している国民新党の嘉手納統合案とシュワブ陸上案に市民団体が16日抗議の声をあげました。 平和運動センターの崎山議長は「選挙が終わって改めてこういう案を推進すること自体、私は有権者、県民に対する裏切りだと思う」と...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.