2009年8月31日 11時45分

衆院総選挙 4選挙区で野党候補が当選

News Photo

30日に行われた衆議院総選挙では、県内4つの選挙区すべてで野党候補が当選、自民党はこれまで維持してきた衆議院の議席を失いました。

投票率は前回を上回る64・95パーセントでした。1区は国民新党前職の下地幹郎さんが国場幸之助さんを破って4期目の当選を決めました。2区は社民党前職の照屋寛徳さんが自民党の安次富修さんに4万票の大差をつけて3選です。3区は民主党新人の玉城デニーさんが初当選を飾りました。

4区は民主党新人の瑞慶覧長敏さんが西銘恒三郎さんに、およそ2万票の差をつけて初当選しました。九州比例では、共産党前職の赤嶺政賢さんが、4期目の当選です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.