2009年3月31日 11時42分

宮脇書店、とまりんに再出店

News Photo

那覇から離島への玄関口となるとまりんに宮脇書店が来月下旬、再出店することが決まりました。宮脇書店は現在、県内に14店舗ありこれで15店舗目となります。

8年ぶりにオープンする本店は3階と2階の一部のフロアを使用しおよそ80万冊を販売します。30日の会見で宮脇富子会長は「地元の人達や観光客が本に触れる機会をさらに増やしたい」と意気込みを語りました。

本店には県産本や医学書などを扱う「専門書センター」と「こどもの本の部屋」を新たに設け、独自性をアピール。従業員は25人採用予定で本店だけで年間4億円の売上げを目指します。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.