2009年12月24日

激動 沖縄 2009 基地問題

2月。アメリカの政権交代後、まもなく締結されたグアム移転協定。クリントン国務長官「この同意は、太平洋地域における米軍近代化の狙いを反映したものだ」中曽根弘文外務大臣(当時)「在日米軍再編に関して抑止力を維持しつつ、日米の工程表に基づいて、着実に実施していくこと...続きを見る

佐藤・ニクソン会談 沖縄密約の草案

沖縄に核を持ち込むことを日米間で秘密裏に合意した文書を当時の佐藤総理大臣の二男が保管していました。この密約文書はまだ公にはされていませんが、元になった『草案』があり、そこには「沖縄を返還しても核は沖縄に持ち込み続けたい」というアメリカ側の思惑がにじみ出...続きを見る

読谷村ひき逃げ事件 基地の前で座り込み

読谷村で発生したひき逃げ死亡事件に抗議しようと、基地のゲート前でハンガーストライキが続けられています。 アメリカ軍トリイステーションの前で22日からハンガーストライキを続けているのは読谷村議会議員の知花昌一さんで、乗用車を運転していたアメリカ兵...続きを見る

会計検査院 防衛省に職員の懲戒を要求

名護市辺野古沖での新基地建設に伴う調査などの際、予算の適切な措置を怠ったとして、会計検査院は24日、当時の那覇防衛施設局の局長2人を懲戒処分とするよう防衛省に求めました。処分を求められたのは2002年から2006年当時の2人の局長です。 両局長は...続きを見る

フラワーサンタがやってきた

きょう24日はクリスマスイブ。その雰囲気を、クリスマスを病院で過ごす子どもたちにも楽しんでもらおうと、南風原町のこども医療センターで「クリスマスフラワーアレンジメント教室」が開かれました。 この教室は県内のIT企業がボランティアで開いたもので、...続きを見る

密約文書 有識者委員会で検証へ

40年前、日米が沖縄返還の交渉中に交わした沖縄への核の持ち込みに関する密約文書を、佐藤元総理の遺族が保管していたことが分かりました。 鳩山総理は外務省の有識者委員会に検証を求める考えを示しました。これは沖縄返還交渉の過程で、当時の佐藤総理がアメリカ...続きを見る

雇用や生活支援の相談1カ所で

雇用をはじめ生活支援、多重債務整理など多くの相談窓口が一か所にそろった「ワンストップ・サービスデイ」が24日那覇市のハローワークで始まっています。 これは国の緊急雇用対策の一環で、仕事を探していて当面の生活に困っている人に対し職業相談だけでなく住居や...続きを見る

クリスマスイブ ケーキ屋さん大忙し

24日はクリスマスイブ、那覇市のお菓子屋さんは朝からケーキ作りに大忙しです。 那覇市のケーキ屋さんではクリスマスケーキの予約が4000個入っているほか、店頭で売る分を合わせるとその数は8000個に上るということです。 中でも最も予約件数が多い24...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.