2008年5月13日

琉球ジャスコ 3年連続増収増益

県内大手スーパー・琉球ジャスコは2007年度の決算報告を行い、3年連続の増収増益を発表しました。県内に33店舗を展開する琉球ジャスコの2007年度の営業収益は569億7600万円、経常利益は3億7000万円となり、3年連続の増収増益となりました。栗本建三社長は...続きを見る

石垣の海 サンゴを救え!

沖縄本島のサンゴは10年前の1998年から繰り返し白化現象に襲われ、弱ったところにオニヒトデが発生し、壊滅的な被害を受けています。2006年から白化が深刻になった石垣島の海では今、オニヒトデの被害が増大しています。そこで、長く組織的なオニヒトデの捕獲に取り組ん...続きを見る

沖縄道州制懇話会 単独州を提言

将来的な道州制を見据え、議論を積み重ねている沖縄道州制懇話会は仲井真知事に対し、沖縄は単独州が望ましいとする第一次提言を行いました。県庁に仲井真知事を訪ねた懇話会の仲地博座長は、沖縄が九州と一緒になっても新幹線や九州高速道路の整備などのメリットは受けられず、逆...続きを見る

不登校などの生徒をサポート

不登校の生徒などをサポートしようと県教育庁が行っている事業で、協力して事業に取り組むNPO2団体に委嘱状が交付されました。このサポート事業はNPOの人たちが指定高校を活動拠点に、授業についていけない生徒や不登校の生徒に接し、学校への魅力を取り戻させようと200...続きを見る

元基地従業員 6000人の署名携え撤回要求

アメリカ軍基地内で働いていた県内の男性が、身に覚えのない暴言を言ったことを理由に解雇されたのは不当だとして、沖縄防衛局に対し、およそ6000人分の署名を携え解雇を撤回するよう求めました。署名を提出したのはキャンプフォスターの自動車整備工場で働いていた安里治さん...続きを見る

米空軍と県警 米軍機墜落を想定し訓練

アメリカ空軍と県警などが13日、戦闘機が沖縄近海に墜落したことを想定しシミュレーションする初めての合同図上訓練を嘉手納基地で実施しました。訓練は嘉手納基地に所属するF-15戦闘機が沖縄本島の近海に墜落し、漁船の乗組員が航空機の破片によってケガを負ったという想定...続きを見る

「アセローラの日」に特産PR

町の特産品・アセローラをPRするイベントが12日、本部町で行われました。本部町は5月12日を「アセローラの日」と定めていて果実やゼリー、ジュースなどが観光客に振舞われました。アセローラはビタミンCがレモンの34倍とも言われ美容と健康に効果的な果物として注目され...続きを見る

那覇市 飲食店火災で男性がやけど

12日夜、那覇市の飲食店で火事があり店舗の一部が焼けた他71歳の男性が頭などにやけどをしました。火事があったのは12日夜9時40分頃で、飲食店の店主の男性がてんぷら油の入った鍋を火にかけたまま、植木に水遣りをしていて出火。この火事で店の一部が焼けました。出火当...続きを見る

就職指導教師らが県外へ

ことし3月に高校を卒業し、県外の企業に就職した卒業生の激励と、企業に新たな採用を求めるため、県立高校の就職指導教師が、13日、東京などに出発しました。これはこの春、高校を卒業した人たちが県外へ出て1カ月あまりが経ったこの時期に定着してもらうための指導と企業への...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.