県は新型コロナのまん延防止等重点措置の適用期間を20日で解除する方針ということがわかりました。

県は20日が期限となっているまん延防止措置の解除について13日に開いた経済界やコロナ対策専門家の会議での意見を集約し16日のコロナ対策本部会議を経て政府に正式に解除の方針を伝える見通しです。

政府も県から要請があれば「速やかに検討する」としており17日木曜日にはコロナ対策の専門家の協議や国会での手続きを経て18日金曜日に正式に発表する見通しです。

県内の感染状況は減少傾向にあるものの県が示したまん延防止措置の解除条件である直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数が200人未満になってないことなどから県は解除にあわせて改めて対処方針を協議し4人以下、2時間以内の会食など引き続き感染対策の徹底を呼びかけると見られます。

明日まん延防止措置を20日で解除を表明