任期満了に伴う名護市長選挙が16日に告示され、現職と新人の2人が立候補を届け出ました。立候補したのは、届け出順に、無所属で新人の岸本洋平さんと無所属で現職の渡具知武豊さんの2人です。

岸本洋平候補「名護市政を変えなければいけない。私たち市民の力で」渡具知武豊候補「持続発展していく名護市をつくっていきたいんです」

今回の名護市長選挙は辺野古の新基地建設問題をめぐる対応や、地域振興、子育てや教育環境の政策を中心に論戦が繰り広げられるとみられます。

投開票は23日(日)です。

名護市長選挙告示 現職と新人一騎打ち