10代で妊娠し、誰にも頼ることができない女性が安心して出産できるよう支援するシェルターが開設されました。

2021年10月1日に開所するシェルター「おにわ」は、10代で妊娠をしたシングルマザーの出産を保護・サポートする施設で、妊産婦2世帯が最大5か月間滞在することができます。

これは、オリオン奨学財団の基金を活用したもので、子どもの貧困問題や若年妊娠などの調査・研究をしている琉球大学の本村真教授と上間陽子教授が共同で代表を務めます。

琉球大学病院の周産母子センターと連携し、妊娠の管理だけでなく精神的なケアも含めた支援をおこなうということです。

琉球大学教育学部・上間陽子教授は「若年の出産をめぐる問題は様々あると思うんですね、福祉も足りない、教育も足りない、医療も足りない、貧困問題と非常に密接なところの底支え、下支えというところをやりたいなと思っています」と話しました。

シェルター「おにわ」の開設期間は2年半ですが、運用のための資金およそ700万円が不足していて、寄付を呼びかけています。

10代のシングルマザーを支援するシェルター