うりずんの訪れを告げるように宮古島では日本で最も小さなセミ、イワサキクサゼミが鳴き出しました。

宮古島市の通称1周道路沿い。うりずんの訪れを告げるようにイワサキクサゼミの鳴き声が響いています。

イワサキクサゼミは体の大きさが3センチほどで国内でみられるセミでは最も小さな種類。ススキやサトウキビなどを好んで止まりますが今回鳴いていたのはイヌビワの葉の上。時折、行きかう車も気にならない様子で勢いよくジージーと鳴き季節が変わったことを知らせているようでした。

イワサキクサゼミの鳴き声が宮古島のあちらこちらの野山で響くころうりずんが終わり、宮古島地方に梅雨の季節がやってきます。

イワサキクサゼミ鳴き始める