大晦日。那覇市の市場は、正月に向けた準備のため、食材などを買い求める人たちでにぎわっていました。

31日、ことし最後の営業日を迎えた第一牧志公設市場には、コロナ禍の中、多くのマスク姿の買い物客が訪れ、正月料理に欠かせない豚の三枚肉やかまぼこなどを買い求めていました。

買い物に訪れた女性「(毎年)お肉はここで買うと決めているところがあるもんですから」「子どもたちがちょこっと、2〜3人来るのでお家ですき焼きをいただこうと思って」

上原精肉店上原正敏さん「(売り上げは)半分くらいの感じ、例年からするとですね」「いろんなことを学んだので、来年はそれを活かして、より売り上げにつながるような努力をしていかないといけないなと考えています」

毎年この時期、買い物客であふれる「県民の台所」。新型コロナの影響でことしは客足の減少も見られましたが、市場は新しい年を笑顔で迎えようと、準備する人たちの活気にあふれていました。

大晦日 公設市場にぎわう