県は16日、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、新たな取り組みを発表しました。

玉城デニー知事「本日からソーシャルネットワークサービスLINEを活用した新型コロナウイルス感染症の陽性者との接触可能性をお知らせする「RICCA」の運用を開始します」

県が16日から運用を開始したのは、新型コロナ感染者との接触可能性を、無料通信アプリLINEを通じて利用者に知らせるシステム「RICCA」です。

「RICCA」は、飲食店や観光施設で掲示されるQRコードを、訪れた利用者が読み込み、後日、その場所で感染者が出た場合には、感染者との接触可能性を利用者に知らせる仕組みとなっています。

「RICCA」を利用するには、県の公式LINEアカウントを登録する必要があります。

県は、先行している接触確認アプリ「COCOA」を補完するものとして、県民や沖縄を訪れる観光客にふたつのアプリの併用を呼び掛けることにしています。

接触確認アプリ「RICCA」スタート