毎年この時期、繁殖のため沖縄に飛来する絶滅危惧種・アジサシの繁殖状況の調査が行われました。アジサシは、繁殖のため毎年この時期に沖縄にやってくる、絶滅危惧種の渡り鳥です。

環境省では、2020年も名護市の屋我地島で繁殖状況の調査を行いました。2019年の調査では、アジサシの姿が300羽以上確認されましたが、今回の調査では100羽に満たない結果となりました。

しかし、環境省の担当者は、繁殖地の岩礁をロープで規制し釣り人の上陸を防いだほか、台風が来なかったことから、繁殖自体は順調とみています。

アジサシ 飛来数3分の1に減少