感染がさらに拡大しています。25日、県内で確認された新型コロナウイルスの感染者は、これまでで最も多い14人となりました。

県は25日、新型コロナウイルス感染者が新たに14人確認されたことを明らかにしました。14人中11人は20代から30代で、小学生も1人含まれています。また調査中も含めた感染経路不明が7人と半分を占めています。

県では、県外の滞在歴のある人からの感染や家族間の感染など、感染経路が多岐にわたることから「3密対策の徹底が重要になる」と呼びかけています。26日に開かれる対策本部会議で警戒レベルの引き上げについて議論されるとみられます。

一方、県はアメリカ軍から64人の感染が報告されたことも明らかにしました。内訳はキャンプハンセンが36人、普天間基地が26人、嘉手納基地とキャンプフォスターがそれぞれ1人となっています。

25日までに県がまとめた新型コロナの感染者は県内で186人、アメリカ軍基地で229人となりました。

新型コロナ 県内で過去最多14人の感染確認