5月に沖縄を訪れた観光客の数は4万4000人で、前の年の同じ月に比べ94.7%の減少となり過去最大の減少となりました。

県によりますと5月に沖縄を訪れた観光客の数は前の年の同じ月に比べ79万900人少ない4万4000人となり1976年9月以来、5万人を下回る結果となりました。減少率も94.7%となり減少数、減少率ともに過去最大となりました。

内訳をみると国内観光客が4万4000人で国外からの観光客は新型コロナの影響で予定されていた国際線の航空便946便がすべて欠航になったことなどから、4月に続きゼロとなる厳しい結果となりました。

県は7月も国際線やクルーズ船の運行予定がないことから厳しい状況は続くとみていますが観光振興策などを講じて国内客から徐々に回復が期待されるとしています。

5月の入域観光客数 過去最大の減少